With体験談~22歳看護師まなか~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです。

土日は友人達との用事で某温泉地へ。

週末を旧友たちと過ごし、久々にリフレッシュできた週末。

殺し合いの螺旋から外れた週末だった。

さて、その友人達と過ごした週末でもぐにゃんは日課を怠っていなかった。

Withでのイイネの作業。

メッセージのやりとり、そしてアポ設定。

イイネを押した翌日にマッチし、そして、その翌日にアポが組まれた物件。

22歳、看護師、スト高っぽい、離婚歴有。

闇を抱えてそうな物件だったが、離婚歴があるという事で業者の心配を排除。

業者であれば、全男性からの評価を得るべく未婚にしておけばいいのだから。

とはいえ不安な気持ちを少し抱えたままではあったが。

爆速で決まったアポの地へぐにゃんは向かったのであった。


某平日 新宿

雨が降ったり止んだり、じめじめした気候のその日。

梅雨が本格化し、快晴の日が少なかったここ数日だった。

18時からのアポ設定ではあったが、早めについてブラブラしているという物件。

ぐにゃんも少し早く仕事が片付いた関係もあり、17:30。

まなかと、対面を果たした。

少し長めの栗色セミロング。低身長、水色のワンピース。

胸元に強調されるものもしっかりと確認でき、化粧は濃い感じだが、色白で小動物のような可愛らしい見た目。

―――美女だ

素直にそう思える物件と、2連続で会えた事にまずは感謝したい。

スト値は7

スト高が来るという期待をあまりしていなかった関係もあり、ぐにゃんは心躍った。

あくまでクールに、冷静を装って。

外に出て、物件をエスコートする。

道中も他愛もない話で盛り上げ、雰囲気は悪くない。

さぁ、後はどう攻略していくかだ。


一軒目 居酒屋

まなかと、ビールで乾杯した。

まなかは緊張から?か、よく話す子だった。

両親が居ない、離婚歴有。

闇を抱えているとは思えないような明るさが逆に気になった。

恋愛遍歴引き出しルーティン。

(´ω`)「前の彼氏とはどれくらいで別れたの?」

(*゚▽゚)ノ「1か月前位です!彼氏あんまり途切れた事ないんですけど、アプリでは2人とお会いしました!」

(´ω`)「へ~、前の彼氏はどんな人だったの?」

(*゚▽゚)ノ「自己肯定感が高くて、、、あっ、ぐにゃんさんと多分同い年です!でもDVやら束縛が凄かったんですよね~」

(´ω`)「そうなんだ、俺も自己肯定感結構高い方だと思うよ。笑」

(*゚▽゚)ノ「なんかそんな感じします。笑 ぐにゃんさんと話してると元カレを思い出します」

自分のモテ開示+ぐにゃんへの好意をストレートに示す様子が受けて取れた。

これが本音かどうかは分からないが、少なくともキモいと思っている男に言うセリフではない事がラリーからも伺える。

初動の反応は悪くない。

美女であることに媚びないように、態度に出さないように。

視線を胸元に落とさないように。

慎重に、価値伝達をしながらラポールを形成していく。

良い感じに和みが深まっていく。

食いつきはあるか?ある。

性的誘惑ステップを経ているか?否、対面席に案内された関係もあってか

ボディタッチなどは引き出せていない。

だが、目をしっかりと見て話すその姿にぐにゃんは即へのイメージを高めていった。

経験上、この物件はいける。


(*゚▽゚)ノ「なんか酔っ払ってきちゃいました。笑」

(´ω`)「そうなんだ、あんまり分からないね。」

(*゚▽゚)ノ「これ飲んだら出ましょうか」

少し、暗雲が立ち込めた。

フェイズシフトもそうだが、PUAは常に主体的でなくてはならない。

開始から1.5-2h程度。

次のアクションへの起点を、まなかに奪われてしまった、という感覚が全身を覆う。

とはいえ、IOIはあるし、経験上即れそうな可能性は高いと踏んだ。

フェイズシフト。


外に出た。

2時間弱という時間だったが、IOIも申し分ないし、ラポールの形成、価値伝達。今までの経験を活かし、ぐにゃんはまなかを即れると考えていた。

(´ω`)「もう少し一緒にいようか」

(*゚▽゚)ノ「いや、今日は帰ります」

グダ発生。

(´ω`)「嫌な事はしないよ、もう少し話したい」

(*゚▽゚)ノ「そういうのは2回目以降にしてほしいです」

そういうの、ってなんだ。

所謂、その先の身体の関係を暗に指しているのは分かった。

だが、ぐにゃん自身は即ではないと意味がないと考えている。

即打診を暗に仄めかしたうえで、まなかを帰してしまう事によって死番になる可能性が高い。

グダが強めだったので、一旦引き、普通の会話に戻していく。

(*゚▽゚)ノ「てか本当に行かないですよ?」

まなかの顔色が明らかに毛嫌いするような口調に変わった。

(´ω`)「分かってるよ、駅の方向に今向かってるから安心して。」

店からぐにゃん邸、駅は同じ導線にあったのでそれは間違いではない。

ただそれでもまなかの目は変わらなかった。

くそっ、打開策は無いのか。

必死に頭を動かす。

だが、それよりも早く終焉の時間は訪れた。

(*゚▽゚)ノ「今日はここで大丈夫です、有難うございました。」

明確な拒絶の色を放つその目に。

ぐにゃんが唯一出来た事は。

ささやかな抵抗だった。

(´ω`)「そっか、気をつけて帰ってね。」

後ろを振り返ることは出来なかった。

振り返ってしまったら、尚更後悔してしまうから。

振り返ってしまったら、自分を嫌いになりそうだから。

振り返ってしまったら、完敗を認めてしまう事になるから。


【総評】
→和み

いつも通りのルーティンに乗せて。

いつも通りのステップを踏んだ。

それでも即を達成できなかった。

かなりの時間をかけて、即れなかった要因を分析したが結論はこうだ。

・100人とアポって100人即れるという可能性は0であるということ(以下に要素分解)
・即れない層=属性(彼氏以外即絶対無理という属性、初めて絶対無理という属性)、状態(生理、風呂入っていない)、環境(彼氏が居る)等を持つ物件と当たってしまった
・ぐにゃん自身がまなかに対して刺さっていなかった

刺さっていた層でも、即れない層は一定層居る。

今回のまなかに対しては、準即を追って再アポを組めば確実だったかもしれない。

だが、それを見極めるのは当日の食いつきと属性であり、主に属性に依存している点が多いと思うが、その属性をアポの会話の中で100%引き出せるか、といえば相当な鍛錬が必要に感じる。

悔しかった。

スト7を即って、今回のエントリーも最高なものを書く予定だった。

22歳という若い肌を摂取して、自分自身の自己肯定感を上げる予定だった。

無理だった。

明確な拒絶の目は久々に見た。

自信を無くした。

反省をした。


書いているだけで落ち込んできてしまう。

それ位、今回のアポで負けた事はぐにゃんにとって大きかった。

次のアポは負けられない。

2連敗してしまうと、泥沼から抜け出せなさそうだから。

以上です。

アポ数:17
即数:12(30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す