With体験談~26歳SaaS関連企画職あい~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです。

コロナが終息に向かっている、という体感をしているのはぐにゃんだけではないだろう。

確かにワクチンも開発され、コロナウィルスに対する医療の研究は進み。

それでも、予断を許さない状況ではあるものの、街を行きかう人の数は往年の、それに近づいてきた。

また、アポ設定が容易になってきたのもある。

コロナ渦の中で「外出禁止」という刷り込みから「外出許容」といつの間にか、判断が国民の中で和らいでいるのが現状。

不思議で仕方ない・・・。


某週末 新宿

この日も緊急事態宣言下の中ではあるが、土曜日という事もあり買い物客で街は賑わいを見せていた。

この日のアポはWithでのアポ。

ぐにゃんからイイネを押した物件だ。

ただ、あっちの後のラリーはかなりスムーズで。

(*゚▽゚)ノ「アプリ初めて、タイプの人からイイネ来たの初めてです!」

という、めちゃくちゃ高いIOIを持ったままスタートした物件。

ラリーも少数で、日程を決め、LINE移行し、呼吸のようにアポが決まった。

若干の不安を覚えたぐにゃんは、度入りの眼鏡を持参し、それを掛けて待ち合わせ場所へ。

オープン。

マスク越しには良く分からないが、顔がやや大きめ、胸も大きめ。

なんか良く分からないタオル系の生地の服からその膨らみが確認できた。

判定法、GOだ。

逃げる選択肢を持ちながらもぐにゃんは前へ進んだ。


1軒目 居酒屋

ぐにゃんからマスクを取り、自然と注文のくだりへ。

あいがマスクを取る、あいの素顔が露わになる。

マスク越しの肌が、めちゃくちゃ荒れてる。

歯がガタガタ。

一瞬にして青ざめた。

マスク越しに判断すべきだったか、否、判定法は間違っていなかった。

だが、マスクというのは想像以上に女性を可愛く見せる。

そう反省させられた。

会話。

住んでいる場所の話、仕事の話。

主に、仕事の話をメインで。

ぐにゃんが普段のアポでほとんど話さない、ワーク関連の話。

1時間半、何よりも長かったその時間を終えて会計。

4,000円、ワリカン。

(´ω`)「先に下降りてて」

店を出て左手にあいは居た。

ぐにゃんはその姿を確認し、右手へターン。

そして、ダッシュ。

貴重な土曜日を、欠損したことを悔やみ

パチンコ屋に駆け込んだ。


【総評】
→和み→逃走

判定法に間違いが無かった以上、居酒屋に入ってからすぐに解散すべきだった。

電話が来て、取引先から~、親から~等の理由を付けてすぐに解散することは出来た。

だが、それをしなかったのはぐにゃんの心にも良心が残っていたからなのか。

それとも、それを出来ない程のモノなのか。

答えは分からないが、パチンコは負けた。


実はこの前に23歳の美容系のスト7を即った。

彼女化している都合上、今はブログに書くことは出来ないが

書けるようなら書きたいと思います。

以上です。

アポ数:15
即数:10(30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す