With体験談~29歳人材系OLよな~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです。

4月、コロナ渦はまだ続いている。

この状況に女性も警戒レベルの引き下げをまだ完全に行ってはいない。

アポが多く決まらない。昨年の20アポ目標のような。。。

だが、そんな中でもやはりこの状況に些か我慢の限界が出ているのだろう。

女性達も徐々に、アポに対する警戒レベルの引き下げを行っている。

恐らく、アポを敢行する男性のレベルは引きあがっているとは思うものの、一応アポ自体は成立するようになってきた。


某週末 新宿

日が伸び、まだ明るい新宿の街を歩く。

この日は、昼から友人の家で「家族」というものを見た。

親友の子供、綺麗な奥さん。

そこにPUAぐにゃん、もう一人の親友とその彼女。

暖かい家庭、幸せそうなカップル。

一般的な表現として「人の在るべき姿」というものを見た。

(´ω`)「うらやましいな・・・」

そう素直に思えたぐにゃん。

4時間程滞在した家を後にし、そのままの気持ちでアポ。

実は既に泥酔していた。


店の近くの地図を送り、オープン。

迎えに行って、並行トークで和んで、店inという下りを酔いから端折った。

スト値は5

よなは、沖縄出身、その見た目通りの濃い顔。

目鼻立ちはやはりハッキリしていて、目が大きいのがチャーミングだ。

低身長、丸顔、ぐにゃんのタイプ一直線だが、如何せんその緩めのスカートの下に隠されていそうな太めの脚が気になった。

まぁいいだろう。

さぁ、戦いの始まりだ。


一軒目 居酒屋

実は友人宅でそこそこに飲んで、酔いが回っていたぐにゃんだったが

和みを開始。

実は既に電話和みを実施していた事もあり、スムーズに会話が出来た。

よなの住んでいるところがぐにゃんのゆかりの地。

更に、沖縄トークでも話が弾み、共通点が多い→信頼構築。

恋愛トークへもっていく。

(´ω`)「前の彼氏となんで別れちゃったの?」

(*゚▽゚)ノ「半同棲してたんだけど、生活していてあまり合わない部分が多くなってしまって・・・」

(´ω`)「同棲しないと分からないこと多い、っていうよね~知らんけど。笑」

(*゚▽゚)ノ「ぐにゃんさんは同棲したことない?」

(´ω`)「ないけど、次付き合う人とは少し付き合ってから同棲したいな、とは思ってるよ」

誠実さアピールも欠かさず、将来性のある男を演出。

理由はよなの年齢だ。

29という年齢は女の賞味期限は既に切れており、消費期限が近づいてきている。

当然、目先に『結婚』という明確なニンジンをぶら下げる訳にはいかないし、ぐにゃんは今回のアポで付き合いたい、と思う事は一度もなかったのだが、それでも将来性の無いただの遊び人に対してよなは、身体を預けないだろう。

なので、あくまで好意的に匂わせる。

ぐにゃんも、既に泥酔状態に近かったが、なんとか頭を回転させて、よなを即るまでしっかりと仕上げていく。

よなも、良い感じに酔ってきたように見える。

19:30のラストオーダーのタイミングでフェイズシフト。

会計を済ませて外へ。


(*゚▽゚)ノ「ぐにゃんさん、幾らですか?」

(´ω`)「あ~じゃぁここの酒屋で酒買ってもらってもいい?」

(*゚▽゚)ノ「分かりました!」

(´ω`)「よなちゃんは何飲む?」

この流れで買い出しを完了させ、ノーグダで家in


家に入って、ぐにゃんも少し気が緩んだのかもしれない。

思考がかなり揺れているのを感じた。

だが、目標はすぐそこにある。

やるしか、、、ないのだ・・・

ベッドによなを腰掛けさせる。

そしてキス。

ノーグダ。

徐々に脱がせていき、始まるディープスロート。

悪くない。

下を脱がせる。

想像以上の脚、ゾウの脚のようだった。

萎えようとする息子を必死になだめながらも、成果を出すために。

即。


【総評】
→即

先ずは、即という事実を達成した事。

年間数十人と身体を交えるぐにゃんでも、常にこの結果には感謝している。

ぐにゃんという男性に、全てを捧げてくれた女性に。

そして、ぐにゃん自身の力に。

ありがとう。

今回の勝因は大きく分類して二つあると言える。
①電話での和みである程度のラポール形成が出来ていた事。
②将来性を捻出出来た事

この2点だ。

ただ、身にまとった衣服から想像は出来たものの、想像している以上に脚が太かった。スト値5→4.5へ下方修正が必要だろう。


今執筆してる東京の天気は雨。

雨の日だが、今日はアポがある。

気持ちを入れ替えなくてはならない。

先出しすると、今日も29歳の女性だ。

洋楽、ダンス大好き、海外旅行大好き、キラキラ婚期逃し系女子。

頑張ります、以上です。

アポ数:10
即数:6(30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す