PUAぐにゃんが振り返る2020年、そして2021年目標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです。

2020年は、ナンパ師業界には大きな逆風が吹いた1年だったと思います。

そんな中、どのように活動してきたかという結果、そして2021年の活動方針を改めて報告していきたいと思います。

まずは参考値として昨年の数値を、改めて出します。

アポ数合計:28 
即数合計:16
即率:57.14%

そして、2020はどうなったのか、というと・・・

アポ数合計:53
即数合計:24
即率:45.28%

アポ数が約、2倍増し、即数も上がった。

ただ、即率が下がっている。

これは年齢/トーク/出会っている層/ 変数αを提示すればきりがないが

一番大きいのは10月に20アポをする、という大きな目標を掲げ、それに対してコミットしたことが一番大きい(結果11アポ3即)

この数値を度外視して考えた場合は21/42という数になり、即率は50%

アポを2回すれば、1人は即れる、という計算になるからだ。

【振り返り】

・アポ数は、即数という結果に寄与する要因ではあるが、相手を選ぶ事も重要である。よって、アポ数というKPIは今後追う必要が無い

・即率の低下、という要素についてはこれからもスト値上げをしていく他ない。
即系の物件へのヒット率が一定とするのであれば、即系以外の物件を口説けるスト値、トークスクリプトを研鑽していく必要があるからだ

・即数は、2019年より増えたのは評価できる。コロナ渦において、果たして何人の競合が同じように動けていただろうか。おおっぴらに自慢を出来る数字ではないのは自覚しているものの、努力による結果だと考えている。


以上を踏まえた上で、2021の目標を考えていこうと思う。

ビジネスも変わらないが、日常においても必ず必要なのは定量的な目標を上げる事である。

・今年は媚びない姿勢を貫かないように頑張る

という定性的な目標を昨年度は策定していたが、これでは思い込んでいるだけで実践に至らないからである。

少しでも構わないから、スト値上げに、効力を結べるべく、結果を残すべく。

定量的な目標を以下にて策定した。


【目標】

・20即
→即数が減っていくと同時に、女性に対して媚びていってしまうのはぐにゃん自身の性格から来るものといえる。自覚している以上、この程度の数値は守っていかなくてはならない。

・ベスト体重キープ
→75kg超えた瞬間から糖質制限を開始、71kgを切る体重に至るまで制限を続け、ベスト体系を維持し続ける

・毎日の股関節トレーニング
→今年からやり始めたことだが、股関節の柔軟運動。
期待できる効果:運動能力の向上、スト値上げ、血行の巡りが良くなり、姿勢、体系の改善

以上です。

2020年も宜しくお願い致します。

アポ数:0
即数:0(30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す