渋谷横丁ナンパ~宮下公園の奇跡~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです

前回、まさかの逆告白をされたももこは後日準即を果たしました。

ランチアポからの即回収が出来たので結果良かった。

某週末 渋谷

金曜日の夜だった。

元取引先の人間と、個人的に親しくしていたので今回はその人と飲み。

年齢はぐにゃんより年下のアラサー世代。

気を遣う事なく飲む。

仕事の話を中心に、私生活まで。

取引先のウィング「W」は来月入籍、子供も出来ているとの事だった。

籍を入れるまでに、もう少し遊びたいという事だった。

だが、キャバクラやガールズバーはぐにゃんがグダる。

金を払って女子と会話する位なら、素人の方が良い。

Wからの提案、渋谷横丁ナンパ。

ぐにゃんは少し考えた。

Wはスト値としては高いレベルではないが、ぐにゃんはぐにゃんでストに対してかなりの抵抗があった。

久しぶりに、実践の機会を与えられ、良い機会なのかもしれない。

そう思い、挑戦者の気持ちで、実際には少し酒に酔っていた勢いもあり。

渋谷横丁へ到着。

兎に角、人が多かった。

東映プラザの裏側から、宮下公園にかけて、今までビル群が並んでいたような気がしたが、ここまで開けた空間を作れた事に先ず驚きを隠せない。

競合の数は?あまり多くなさそうだ。

席もほぼ満席近い、だが、先程上がった雨の影響か、テラス席にはやや空きがあったように感じた。

思考を止めろ、一旦声掛けだ。

駅側から入り、宮下公園の出口付近に、差し掛かるころ、向こう側から
渋谷横丁目がけて歩いてくる2人組を発見。

1声掛け目、オープンした。

つまんなかったら帰って良いから

30分だけ、一緒に飲みませんか?

偽りの時間設定と、つまらなかったら帰って良い、という保険を掛ける事によりなんとか連れ出しに成功。

スト4と6のコンビ。当然主導権を握っていたのはスト4の物件だった。

ぐにゃんが徹底的にスト4をマークし、交渉。


なんとか、渋谷横丁の空き席を確保し、オープン。

年齢は25-6の世代。

春日部と、練馬に住んでる。

ぐにゃんの脚が速いネタで盛り上がりを見せる。
※実際速い

(´ω`)「まぁ実際脚より、手の方が早いんだけどね」

ケラケラ、チャラそう。

良い反応だった。

2杯目に突入。

そのまま、流れるようにフェイズシフトルーティン。

カラオケへ搬送、ノーグダ。

ここで、担当変更。

ぐにゃんの狙っていたスト6の隣へ移動。

自己開示、カラオケで盛り上げながらもボディタッチ。

基本ノーグダ。

ぱるるのような顔で、白い肌、短パンに、シコい感じの生脚。

歌は下手だったけど、可愛らしい。

終電の時間はある程度分かっていたし、スト4が春日部に帰る終電は

とっくの昔に過ぎていた。

2時を回った頃だろうか、全員で下に降り。

ウィングのWにスト4を押し付け、ぐにゃんとスト6、奈々はタクシーに乗った。

久々のCT(Catch Taxi)ルーティン。

必要な無かったが、パレ搬の前に一軒居酒屋を挟み。

そして、家in

ようやく味わえるその、肢体を目いっぱい堪能。

こうやって、ストから家に搬送する事はかなり久しぶりだった。

やはりストには夢がある。

脱がすとDカップ、意外と大きく、綺麗な身体をしていた。

もう、一心不乱に、だがしかし、丁寧に。

即。

4時頃、二人は眠りに就いた。

そして、朝起き、再度おかわり。

その身体を改めて、堪能し、駅へと見送ったのであった。


【総評】

コンビナンパ自体が久々で、且つ即を得られた、という事実は限りなく大きい。

1組目からオープン出来たのがモチベーションの低下にもつながらず良かった。

更には、ウィングのWにスト低を押し付けて、スト6の奈々の隣をキープ。

がっちりホールドし、ボディタッチ→CTルーティン→即

という完璧な流れを形成する事が出来た。

過程から即迄の流れ、そしてそれによって得られた自信。

そして、ストへの希望。可能性の拡大。

美女は沢山、ストに隠れている。

ネトナンに縛られている自分を、少し開放するきっかけになったのかもしれない。


翌朝、奈々を送った後はジムへ。

10月のぐにゃんの目標設定は:20アポ

ということに決まっている。(勝手に)

今現在7アポが決まっている状況だ、これから突き進んでいきます。

以上です。

<2020年度集計>

アポ:35

キス:20

即:16

出撃:1

声掛け:1

オープン:1

SNSでもご購読できます。

コメントを残す