Pairs体験談〜フレッシュ大手銀行営業職〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです。

既セクや、元カノ、現カノが家に入れ代わり立ち代わり来ております。
ただ、セクはあまりしておりません。

ぐにゃんは恐らくだが、性欲に乏しい。
欲しているのはその一瞬の征服感/達成感

即を得る事によって、自己価値を認識し
アイデンティティを構築しているような感じがする。

今週の三連休は全てアポが組まれているが、その全てを
モノに出来るようにマインドセットをしていく。

某週末 新宿

週末の行きかう人の波の中、ぐにゃんはゆっくり家から
出発する。

この時、ぐにゃんは休職中の為、ジムで汗を流し、サウナに浸かり
しっかりとマインドセットが完了していた状態。

気持ちも、体調も、全てにおいてぐにゃんは完璧だったと思う。

そしてオープン

顔:★★★★★☆☆☆☆☆
スタイル:★★★★☆☆☆☆☆☆
胸:★★★★★★★☆☆☆
オシャレ:★★★★☆☆☆☆☆☆

21/40 スト値:5

小柄な幼児体系、色白。

銀行員という職種にそったような、キレイ目は服装。

足に若干肉がついているのが分かるが、それ以上に目を引いたのは

その胸元だ。

しっかりと主張しているその胸元にどうしても目がいく。

妖美な曲線を描いた、ボディラインが性欲をそそる。

顔は小動物系の感じで、目が若干離れてて唇が厚い。

(´ω`)『大丈夫、、、今日の俺なら出来る』

そう確信し、ぐにゃんは笑顔で挨拶。

ニコッと笑顔を浮かべる物件はステキだった。

居酒屋まで歩く。

一軒目 居酒屋

先方はカクテル系をオーダー。

酒は弱いとの事。

ただ隣でニコニコと話を聞いてくれる物件。

好感度は低くはないのは分かるが、この物件の人間性の良さでしかないだろう。

仕事の話をそこそこに(某大手銀行で外回りの営業をしてるだとか)

恋愛遍歴引き出しルーティン

(*゚▽゚)ノ「え~全然モテないし、合コンとかもちょくちょく行くけど良い人いないよ」

(´ω`)「そうだよね。じゃぁアプリで会う感じはどう?」

(*゚▽゚)ノ「うーん、顔見てから会えるしこっちの方が良いかなって。笑」

(´ω`)「そうだよね~俺の事良い、って思って会ってるもんね!」

(*゚▽゚)ノ「そうだけど、そんなことストレートに言わないで!」

ちょっとムスっとしたリアクションが可愛かった。

そして、カウンターの横並び席から覗かせる豊満な胸元も素敵だった。

ファイブクエスチョンベッド、五つの嘘ゲーム。

精度が高まってきたルーティンで、精神的に優位に立つ。

感情を読み取れる、という要素は相手に恐怖と敬意を与えると思っている。

恐怖という感情は心理的優位に働き、敬意という感情はIOIに繋がる。

その先にセクがあると盲信している。

会話は盛り上がるが、先方は一向に酒を飲まない。

このまま果たして行けるのだろうか?

酒を飲まないという事が、最後の砦を突破しえない要因として

成立することも十二分に考えられた。

だが、時間は限られている。

先方の終電までには即を仕上げておきたい。

フェイズシフトルーティン

外へ出ると、週末の喧騒が二人を包み込んだ。

うまく家打診をするしかない。

(´ω`)「まだ時間あるよね?もう少し話したいんだけど良いかな?」

(*゚▽゚)ノ「うん、大丈夫だよ~どこいく?」

(´ω`)「アットホームなカフェがあるからそこで話そう!」

(*゚▽゚)ノ「なにそれ。笑」

そんな会話をしながら、店を出てから3分程度歩いたところで家の前に到着。

(´ω`)「さ、着いたよ~」

(´ω`)『・・・どうだ?』

(*゚▽゚)ノ「え、ここホテルじゃないの?」

驚いた表情が見えた、すかさず

(´ω`)「俺の家だよ、中で話そう!」

(*゚▽゚)ノ「え~すごい、」

(´ω`)「さ、入っていいよ~」

何も言わずにin

意外とノーグダで付いてきた。

酒が無くても、家打診が通ることが判明。

そして家に着くや否や、後ろから抱きしめる。

(*゚▽゚)ノ「え~こういうことしたかったの?」

(´ω`)「うん、だって良いな~って思ってるからさ」

(*゚▽゚)ノ「私もぐにゃんさんカッコイイと思うけど、チャラいんだよね~笑」

(´ω`)「ちょっとこっち向いて」

で、正対になり、キス

ノーグダ

Dキスまで進み、身体をまさぐり始める。

グダは無く進み、そのままの勢いでベッドへ倒す。

その眺めていた横乳をしっかりと堪能していく。

若くて、ハリのある乳を見て此方も興奮度を高めていく。

久々のセクだという発言を聞き、更に興奮。

口でしてもらう、まぁ普通。

そして歓喜の瞬間を迎える。

だが、先方がめちゃくちゃ痛がっている。

(*゚▽゚)ノ「本当に何年振りか、で痛い(>_<)」

(´ω`)「マジかぁ~じゃぁ口でしてもらってもいい?」

(*゚▽゚)ノ「うん(>_<)」

(´ω`)『ええんかい』

と、心の中でツッコミを入れたくなったが、口で果てる。

そして、突然湧き出るぐにゃんの終電紳士。

(´ω`)「あ、そろそろ時間ヤバいよね?駅まで送るよ」

終始、笑顔で良い子だった。

一応中にも挿れたし、即自体は達成で良いのかな、と。

改札前、物件に対して笑顔で手を振る。

終電に向かい、速足で改札へ向かう群衆の中を

ぐにゃんは家路に逆方向へ闊歩する。

その優越感の浸り、即の余韻に浸り。

そして、その日は深い眠りに就いたのであった。

【総評】

・CPS
→6,000円くらい

・即
→果てなかっただけで、即という事実は作っている為、即カウント。

即を得れた要因は何か、と聞かれたらお酒ではなかった。

確実なIOIを組み立てた上で、自然な流れで家打診を出来た。

さらにはその家までの動線、誘い文句、それらが比較的スムーズだったのが

成功要因だったといえる。

酒を飲まないことによって、即へ誘導する思考へ至るには色を

使うしかないかもしれないと思っていたが、しっかりと感情を

揺さぶることが出来た。

安いコストで、そこそこのスト値の子を即れたということはかなり

良いパフォーマンスを出せたと自覚している。


三連休が終わり、梅雨が明け、夏が訪れようとしている。

この季節、ぐにゃんは全くテンションは上がらないがしっかりと成果を

出していきたいと思う。

3連休は3アポこなしてきました、そのエントリーを次回全て更新しようと思います。

以上です。

<2019年度集計>

アポ:14

キス:10

即:9

出撃:0

声掛け:0

オープン:0

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は display_image.php です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す