恋活パーティー体験談&その後の合コンにて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです。

少し前の話に遡るのだが、Pairs以外のエントリーも
加えておこうと思い、今回の記事を書きます。

即れなかった、即れた、という結果は今回合コンに行く前なので
分からないのだが話はGW前に遡る。

某日、ぐにゃんはこの日初めてウィングとして取引先の石田を
抜擢した。

コミュ力が高く、基本的に物怖じしないというある意味ナンパ属性の高い
ウィングを率いて、恋活パーティーへと向かったのである。

GW初日の代官山での恋活パーティー、

セグメント年齢層は20-34

歳上が多いというリスクをはらんでいたが、そこは歳上好きの石田
がしっかりと守備範囲をカバーリングしていた。

=======================
【目標】
・7LG
→先ず最初に会場に入る前に事前MTGが実施出来なかった。
なので、会場に入り先ず石田とぐにゃんはタバコを吸いに移動。

今回はリスト取りを優先的に考え、今後のアポや合コンに繋げていく。
その為のリスト取りである、と。

時間は2h。120分、1組10分とするとラストオーダーから逆算し
7組との和みが可能と踏んだ。

立てた目標にコミットしていく。

これもPUAとして課された試練である。

・PUAルーティンの活用
⇒ネグ・猫の糸理論・ファイブクエスチョンベッド・IOI3・偽りの時間設定・somedayルーティン
DAM90ルーティン・雰囲気ぶち壊しルーティン・CT(キャッチ・タクシー)ルーティン・関西弁ルーティン
逆3の法則(New)・アモッギング(New)
=======================
某GW 代官山

代官山という街に土地勘は一切と言って良いほど無い。

洗練された街並みに、行き交う人々。

雰囲気も上々、PUAとして覚えておかなくてはならない土地だな、と。

だが集合時間に石田が現れない。

事前MTGが必須とされる慣れないイベントの中で
どのように立ち回っていくかしっかり話していく必要があった。

だが、石田は時間になっても現れず、開始10分後に合流し
喫煙所で緊急会議を実施する事に。

緊急会議にて方針を設定後、残り90分。
7組へのLGをしていくという事で決まった。

ぐにゃん「さぁ、パーティーを始めよう」

ミステリーだったらこう言うべきだったのだろうか。

ぐにゃんと石田は戦いの舞台へと降りて行った。

ぐにゃん「人多いっすねw」

石田「なんか、おとなしい男が多いイメージですけど、オラついてる系も一定数居ますねw」

ぐにゃん「確かにですねw」

こういう街コンを始めとしたフィールドにおいては大人しい男が
多く、ぐにゃんのPUAとしての価値を最大化出来ていたのだが
ナンパ形式で声を掛ける必要のある恋活パーティーにおいては
どれだけオラつけるかが、試行回数を高める要素になる。

試行回数xヒットレシオ=即
※参考:僕は愛を証明しようと思う(Amazonで購入はコチラ

負けてはならない。

試行回数も勿論だが、PUAであるぐにゃんのヒットレシオの高さは
今までの実績が物語っていると言っても過言ではない。

1組目

スト3.5と4.5のコンビ
練習相手には良いだろう。

椅子に座っていたところをオープン
10分間という時間設定を生かし

ぐにゃん「また後で連絡取りたいからLINE教えてもらってもいいかな」

これでクロージング。
解放

2組目

スト4のコンビ
石田のこんばんわオープナーにてオープン

謎の偽名を名乗る物件だった。

A子「こういうの来るの初めてだからふざけてるんです。笑」

会話もかち合わ無い。

1組目と同じルーティンでクロージング

3組目、4組目

同じような形でLG完了。

ペースは良い。

だが、スト5を超える普通以上の物件が中々居ない。

居てもオラついている男に囲まれたりしている。

風が吹き抜ける。

雑草畑の草原に、ゆるやかな風をぐにゃんは感じた。

すかさず振り向き後ろ姿だけで声かけ。

ぐにゃん「ちょっと待って!今一人なの?」

ゆき「そうなんです!友達2人は別の人と喋っててはぐれちゃいました。笑」

はにかんだ笑顔がかわいい、スト5.5のゆきちゃんとオープン。

今考えるとひどいオープナーだったのだが
問題無いだろう。

オープンするのに必要な運命トークや、ギャグフック等は必要ない場所である。

ぐにゃん「そうなんや。笑 一緒に探してあげようか?」

石田「てか、めっちゃかわいいっすね。笑」

ぐにゃんも石田に同調し、歩みを止めさせる。

石田はノンスタ◯ルの石田に似ているという事で
写真を撮る事に。

このまま一気に会話を二人で盛り上げ、ゆきの満足度を上げていく。

このゆきもノーグダでLGに成功し、次へ繋げる事を決意。

6組目、7組目としっかり結果にコミットしたぐにゃんと石田は
その後恵比寿の相席屋に顔を出し、その後ぐにゃん主導で
ゆきとの合コンを進める事となった。

後日、合コンでの目標から進めていきます。

=======================
【目標】
・即
→土曜日合コン
場所は渋谷。

ぐにゃん邸にはCTルーティンの使える限界地点とも言える場所での
合コンだった。

1次会で盛り上げたのち、二次会のカラでセパ→CTにて即を決めようと
思う。

4vs4という人数設定は合コンの黄金比率である3vs3という数字を若干
上ぶれさせているのだがこれはしょうがないだろう。

合コン即というぐにゃん初の試みをしっかりとトライしていかなくてはならない。

・PUAルーティンの活用
⇒ネグ・猫の糸理論・ファイブクエスチョンベッド・IOI3・偽りの時間設定・somedayルーティン
DAM90ルーティン・雰囲気ぶち壊しルーティン・CT(キャッチ・タクシー)ルーティン・関西弁ルーティン

=======================
某週末 渋谷

週末の渋谷、スクランブル交差点は今日も青信号に
なる度に人が一斉に行き交っていた。

喧騒を離れ、桜ヶ丘町へ。

ここでBBQをしながら合コンができるという
素敵な店にぐにゃんは出会う。

ホームパーティーレストラン10th story渋谷店
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13170790/

男5、女4という大型合コンであったのだが
何よりBBQに焼きに行く、というちょっとした
セパ&共同作業により親密度が上がるという
素敵な店だった。

合コンにありがちな女性陣30分以上の遅刻。

先にぐにゃんは、男性側の一人、ぱるる(と呼ばれていたw)と
コースをスタートする事に。

駅から程よく離れた立地もまた良い。

男性陣にはそれぞれ、「即」という目標共有もしてある。
どのようにつながっていくのか。

女性陣とオープン

ゆきちゃん(幹事):5.5
保育士子A:5.5
保育士子B:3.5
学生子:4

幹事MAXである、という合コンの鉄則から大きく逸脱していないものの
保育士子Aは愛嬌のある感じが良い。
到着後、和みを開始する。

ぐにゃんの隣にはゆきちゃんが座る。

乾杯。

自己紹介を簡潔に済ませ、ゆきちゃんと石田の同僚である井上が
BBQブースへ移動。

二人でガッツリ和みを開始している。

楽しそうな席まで届いてくる。

こっちも盛り上げなくてはならない。

テーブル席の温度感を上げていく。
ファイブクエスチョンベッドルーティンで保育士子Aに酒を飲ませる。

他の物件たちもこのルーティンへの食いつきが高い。

ぐにゃんとぱるるは、ひときわアルコールを摂取していたため
場の雰囲気を楽しい雰囲気に誘導するような空間を
作り出す事ができていた。

物件たちのノリの良さに依存してしまっているのだが
ここは物件たちもノリが良くて助かった。

石田が合コンならではのゲームを始める。
相手の人たちそれぞれに偽名をつけて
それに対して異性側から質問をぶつけていく、というもの。

例えば「この中でディズニーに一緒に行きたいのは誰?」

に対して、回答側はそれぞれ共有している相手側の偽名を答える。

徐々にそれに対して質問をハードにしていき、また、誰がどの偽名に
該当するのか、というのを当てていくゲームである。

ぐにゃんは即系と判断された。

石田「この中でワンナイトされるとしたら誰?」

物件達の答えが一つに集まる。

そしてそれがぐにゃんだと分かる。

良いだろう、全員ワンナイトしてやろうじゃないか。

これは物件達の一つのIOIとして受け入れながらゲームにより
和みを深めていく。

温度感が一気に上がる。

既に延長をしていた店を出て2次会へ。

合コンでも変わらずカラへ移動。

その際に、石田の職場の井上は帰宅。

これで人数比は4:4になる。

カラではぐにゃんの独壇場だった。

カラが好きと言っていた保育士Aと和みを深める。
ハモりを加え、気持ち良くなってもらう。

そして自然にお酒を飲んでもらう。

そこそこ和みが進み、ボディタッチも出来てきた。

保育士A子は胸こそないものの、元気系の可愛らしい見た目をしていた。

ほっぺにキス

ノーグダ

保育士子A「チャラーイ」

形式的なグダ、つまりこれはIOIである。

勝利を確信、あとはどのようにしてセパるかである。

保育士子Bがここで帰宅。

しょうがない、誰も相手にしていなかったし
何より楽しそうにしている様子は一切なかった。

ほっぺにキスから顔にキス。

弱グダを突破し、キスまでは成功。

あとはセパするだけだった。

ゆきちゃん「そろそろ出ないと〜」

タイミングが良い。

終電と聞かされていた時間より30分以上遅れての終了の合図だった。

会計を済ませ、ぐにゃんは保育士子Aと共に
渋谷の街を歩く。

後ろには石田、男B、ぱるる、ゆきちゃん、学生子。

前を歩いていた理由としては保育士子Aが終電に間に合いそうだから、という理由だった。

急ぐように急かす保育士子Aを尻目にゆきちゃん、学生子は後ろの3人とオールする
心構えを決めたようだった。

オールかどうかは分からない。

保育士子A「ヤバい!あと2分だ!」

ぐにゃん「もう今日はうちで寝ていいから残りなよ。」

保育士子A「ダメ、今日は帰らなきゃ!」

それだけ言い残し、JRの改札口へダッシュしていく保育士子A。

ぐにゃんにはそれを追いかける器量も、即への想いも無かったのだろう。

溜息を一つ残し、ぐにゃんはHDと合流し
麻雀に興じる週末を迎えたのであった。

=======================
【総評】

・Cost
12,000円
→合コンでの支払いの比率や、カラオケでの全おごり等により
ここまで高騰してしまった。
保育士子Aについては、再度アポを打診しているところなので
ここで出したCostを考慮しながらCPSへと落とし込んで
いかなくてはならない。

・キス
→合コンでここまで進めたのはぐにゃんにとっては
実は初めての快挙である。

だが、キスまで進んだにも関わらず即へとつなげられなかった。

理由はただ一つ。

・保育士子Aの終電グダを崩せなかった。

ここに尽きるだろう。

終電が無くなってしまえば保育士子Aの家はかなり
遠く、ぐにゃんの家へと連れ込むことも簡単だったかもしれない。

だが、そもそもPUAとして保育士子を魅了できていなかった。
また、キスをしていながら性的フェイズシフトルーティンをもう一歩
踏み入れるべきだった(Dキス、パイ揉み等)という事も要因に上げられる。

キスをしながらにして、即へとつなげられない。
こういうケースが多くあるのは反省しなくてはならない。

また、この失敗アポを必ず即に繋げる必要がある事も
理解しておかなければならない。
=======================

合コンでのエントリーはほぼ?初であったが書いてみました。
必ずピンアポにつなげて即を得られるように頑張ります。

以上です。
用語説明はコチラ

11人/25人(2017年12月迄の目標)

※今来ている即れる出会い系アプリは下記です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す