HD/Mとツイン合コン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐにゃんです

バリ決戦まで残りの時間が約2週間となった。
ここから先の戦いは非常にシビアに
考えて行く必要がある。

もちろん、即へのコミットメントである。

何が必要で何が足らないか。

今迄のアポや合コンで考えて来た事が
全てこの即という目標へと設定される。
今回はHDが企画してくれた合コンである。

ぐにゃんは出張帰りの足でそのまま
渋谷の「東京基地」へと向かったのであった

============================
【目標】
・即
→言い訳をしない。
「会ったばっかりなのにこんな事・・・」と思わせない
痛烈なギラを出していく。

そんな心構えもできずしてコンパに望むのは言語道断である。
とはいえ、我々も元々はAFCという星の下に産声を上げている以上
合コンでのROIの効率悪化について真剣に考え
店選択をする必要があった

今回選んだ店にはワケがあった。

・PUA3vs3ルーティンの適応
→IOI3 ネグ 彼氏破壊砲 偽りの時間設定
グループセオリー ミリオンダラースマイル

============================

某週末 渋谷
渋谷写真

いつもの週末の

いつもの見慣れた光景の中

ぐにゃんとM、そしてHDは東京基地に集合した。

東京基地

この店を選択した理由は一つ。

・ROIの改善

この1点に集約される。

いつものコース
いつもの飲み物
全て込みで3000/2hという圧倒的な
費用対効果がウリで、かつ写真を見てもらうと
分かると思うが、女子ウケは抜群に良いのである。

かくしてマインドセットを確認した3人

合コンの一つ通過儀礼のようなものである
女性陣の遅刻という事象に対して
決して媚びる事無く、定刻通りにコースを勝手に
スタートさせてまずはビールで乾杯をする。

「さぁ、ゲームの始まりだ」

ぐにゃんの乾杯に合わせ、3人は堅い握手を交わした。

数分後女性陣が到着する。

幹事子:6
上司子:5
ギャル曽根:4

合コンの中では平均スト値が5に収まっている点で
当たりと言っても過言ではないかもしれない。

幹事子はHDが担当、上司を連れて来ているだけあってか
かなり気を使っているのが伺える。

上司子はぐにゃんが担当だった。
生かすも殺すも、ぐにゃんが上司子にどれだけの和みを
生み出して行けるか、という点にかかってきている。

HDの事前情報によると二次会は無い、という設定のもと
始まった合コンであった為、なんとしてでもフェイズシフトの
タイミングを契機に二次会迄に一定以上の和みを生み出す
必要があった。

課されたミッション
残り1.5h

グループセオリーに則り、上司子を中心に和みを仕掛ける。

乾杯

恋愛遍歴引き出しルーティン

彼氏はしばらく居ない

声が小さく、気が弱そうな印象。
近くで見るとまぁまぁ可愛い。
身体つきが良い、即へのイメージを膨らます。

と同時に、少しだけ股間を膨らます。

価値伝達ルーティン

スポーツの事、留学の事、持っているスキルを
出し惜しみする事無く話す

フェイズシフト

席替え

上司子の対面席

ほぼ二人での和み

スザンヌはMがしっかりキープしている。
幹事子もHDがフック出来ているようだ。

心強い仲間達だ。

ぐにゃんも負けてられない

ウィスキーとワインを注文

シェアしながら他の二人より
早いペースで酒を進めて行く

謎の一気飲み

ゲーム

ラストオーダー

「じゃぁ女性陣3000円だけもらっていい?」

だけ、という意味はもう全く無いのだが伝票は見られていない。
当然バレていないだろう。

しっかりと割り勘で費用を徴収し、二次会打診。
HDと幹事子が金を徴収した件でモメていたようだが
まぁいい。

打診は受理され二次会へ

カラオケ22:30~ALL

カラオケ画像

近くのカラオケ店に入店

事前情報の次の日早いグダはなんだったのだろう。

会計を負担する、という条件のもと入店。
この時点で男性陣のコストは9,600となり
目標に掲げているCPSからは少し遠ざかる結果となる。

が、一次会で終わる予定の合コンが二次会迄つながり
それが且つ、オールで、お酒も全員回っているという
ポジティブな状況がそこには間違いなくあったのだ。

カラオケでは上司子とぐにゃんが先に入店

手つなぎルーティン

受理

早速ギラ

グダ

「じゃぁほっぺにチューして」

解放

舐め回すようなキスをされた

強力なIOIであった

もう一度キスギラ

グダ

そうこうしているうちに他のメンバーが入ってくる。

1.5h程経っただろうか。

上司子が

「明日早いから今日はそろそろ帰るね」

「じゃぁ下迄送って行くよ」

一応のセパに成功。

下で再度キスギラ

多少のグダがあったものの解放

街中のセンター街の中心でそこまでの
ギラは出せなかった。
上司子の家は把握している。

「タクシーで帰るから大丈夫、ありがとう」

上司子はタクシーで帰って行った

ダウンロード

部屋に戻るともの抜けの殻になっていた。

HDに電話をするとマックで並んでいるとの事。

泥酔したHDとMがレジにAFCの如く並んでいた。

「クラブへ行こう」

ぐにゃんがそう言い、連れて行くもHDがクラブグダ。

鳥貴族で反省会をし

AFC3人は帰路に就いたのであった。

=======================
【総評】
・和み
→合コンでは結局二次会、そして各担当がしっかり
和み、セパに至るという点迄は問題なく達したと思う。

ただ、結局の所HDとMはぐにゃんがセパっている間に
物件を手放してしまっている。
これはグループセオリーにおける欠落であった。

酔ったHDとMは完全にAFCと化していた。
ぐにゃんは一応上司子と個人的にLINE交換をしていて
次回のアポを取り付けてある。
GWに日程を4つも打診してくる当たりで
強いIOIを感じる。

ここは完全に即コミット

費用対効果が悪いという点もあるので
早急に回収していかなくてはならない

============================

様々なナンパをしてきた中で
全てのアポにおけるマインドセットは非常に
重要になってくる。

もちろんそれは仕事にも通じるものがあり
・この客を口説く事によるROI
・ここで耐える事による得るメリット
・ここで損切りをする重要性

全てのPDCAをグルグル回していく中で
最終目標である数字に対してどのような手段を取るか、という
点に結論としてつながってくるのである。

ナンパも然り、仕事も然り。
全てのアポに意味を持たせ

会話の中で何を最大化する、という目的をしっかりと
明確な形にしていく

その中で、自身の想いをどれだけ具現化し、形にしていくか。

ナンパも同じである。

というか、ナンパは全て仕事と同じである。

即の数という数字目標に向かって4ステップメソッドを用いながら

どれだけの数をこなしていくか、である。

ルーティン等については結局の所手段でしか無く、それは
結果に直接的にコミットする事ではないのである。

それを今日は感じた一日だった。

明確な意図を持って挑むアポ
相反して、形だけのアポで机上の空論だけで
相手とコミュニケーションを取る
一体ぐにゃんの想いの何処が伝わったのかが分からない。

主体性の無いアポは何も生まないのである。

ぐにゃんのPUAとしての至上命題は価値の最大化である。

「ぐにゃんさんに居て欲しい」
「ぐにゃんさんに抱かれたい」
「ぐにゃんさんのそばに居たい」

そう言わせるのがPUAの使命である。

身だしなみもPUAとして大切な要素の一つ。
ゼロファクターはヒゲ処理に困る男性の強い味方だ。

33%オフはこのブログから限定となります。

俺はまだまだ戦える。

7人/20人(2016年12月迄の目標)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す